投資を始めるにあたってみなさんはまずなにを考えますか?初期投資額?投資する銘柄?しかしそれだけを考えていても投資には成功しません。投資成功の鍵はもっと別のところにあるのです。

化学する東光は、投資に最適

東光株式会社は、創業60年を迎え、電子部品で高い技術力で信頼性抜群で、世界トップレベルのメーカーで投資に最適です。グループ連結で1万人を超えますが、まだまだ人員の補充のアクセルは踏み続け、電気、電子系や機械系に新卒採用を積極的に取り組み新しい若い力を企業に注ぐ事で、企業活力を長期的に継続する事を目指しています。その若い力は、仕事を積極的に任せる企業風土と、大きくなる企業独特の特徴であるポストの増加により、チャンスが増えるなど、やりがいのあるステージに立てる事により、立派に急速に育っています。
難しい事ほど、積極に取り組む企業文化で、それにより高い技術力を手に入れる結果となりました。主力製品は、今の時代無くてはならなくなった生活ツールのスマートフォンの電池を長持ちさせる製品で、他にパソコン、家電ゲーム機、自動車の電気系統にも使われています。将来もテクノロジーの進化における重要なキーとなる部品であるので、技術力の向上が必要な日本にとって、期待されている企業です。この驚くべき躍進を支えてるのは、技術の天才集団で、化学者のような目で問題を見つめ、工夫に工夫を重ね、粘り強く問題を解決しようとし、そして、とても熱心に開発に取り組んでいます。その熱心なエネルギーは、狭い分野に留まるはずもなく、関連する他の分野に急速に広がっています。 主力部品は、その用途に驚く展開が予想され、今後伸びしろが多いのは、無人自動運転に不可欠な車載コーナーセンサー、自動車のナビゲーションシステム、車載オーディオシステム、超高齢化社会に需要が高まり続ける医療機器と、将来必要とされるのは、勿論、伸びていく分野ばかりで前途は明るいです。